DEFF.TRANSMISSION OIL PUMP

油温管理が必要なのは、エンジンだけじゃない。

レーシングカーはもちろんの事、一般のストリートカーでも、サーキット走行において、エンジンの油温上昇によるオイルクーラーの必要性が認識されています。
しかし、デフやミッションのオイルが何度上がるのか?という事はあまり知られていません。レーシングカーがデフやミッションにオイルクーラーを装着しているのは理由があるからです。
それは、デフ・ミッションオイルの油温上昇によるトラブルを防ぐ為です。これはストリートカーにおいても同じ事が言え、想像以上に厳しい条件で使用されています。
下記のテストデータにより、デフ・ミッションにも必須のパーツである事が解ります。

デフ・トランスミッション用ポンプ

APPデフ・トランスミッション用ポンプ
(ANアダプター付)

[ 税込価格 ¥39,900 ]

ポンプ単体(アダプター付)

  • ポートサイズ:3/8NPT×2
  • 使用電圧:DC12V
  • 消費電力:8A(MAX)
  • 作動圧力:3.5kg f/㎤
  • 流量:4.6〜9.9l /分
  • 許容温度:150℃
ホースサイズ アダプターサイズ 品番 価格 (税別)
#6 AN6 SF-DTP06 販売終了
#8 AN8 SF-DTP08 販売終了

デフクーラーテストデータ車両RX-7(FD3S)

富士スピードウェイにて(外気温22℃)

仕様 周回数 デフオイル温度 ミッションオイル温度
デフクーラーなし 4ラップ後 135℃ 113℃
5ラップ後 143℃ 117℃
6ラップ後 150℃オーバー 127℃
デフクーラー装備 6ラップ後 113℃安定 120℃